推奨行事活動グループ

教会内外のボランティア活動グループとして、次のようなグループがあります。

『希望の家・のぞみの園ボランティア』

<希望の家>  にこにこや(月曜日)、バザー(11月)、多文化交流フェスティバル(4月)
<のぞみの園> 習字(火曜日)、喫茶(水曜日)、音楽(木曜日)、朗読(金曜日)
          餅つき・初釜・書初め(1月)、ボランティア交流会(2月)、バザー(5月)、
        ボランティア講座(6月)、夏祭り(7月)

『きょうと夜まわりの会 協力会』

 きょうと夜まわりの会(京都市南区)の活動に協力し、
 おもに京都市内のホームレスの方達の越冬支援のための
 毛布・使い捨てカイロ・衣類等の寄付集め(12月~3月)
 支援のためのバザーにおける寄付協力(4月~5月)

『比叡山宗教サミット「世界平和宗教者祈りの集会」』

 1986年 アシジにおいて開催された「宗教者祈りの集会」を、日本では天台宗が
 比叡山延暦寺において引継ぎ・主催され、毎年8月4日に実施されています。
 WCRP(世界宗教者平和会議)が中心となって各宗教団体に呼びかけ、
 カトリック教会も参加しています。
 

『京都南部ウォーカーソン実行委員会』

 『ウォーカーソン』は、世界中の様々な事情で経済的援助を必要としているところに
 募金を送金する方法として考えられました。
 参加者が募金の趣旨を理解し、歩きます。参加者は事前にスポンサーを探し、
 募金の趣旨を説明し、募金の協力を願います。
 スポンサーは依頼者の歩く人と連帯し、「歩く」という一つの犠牲(活動)に対し、
 それを応援する意味で募金します。
 『ウォーカーソン』は、参加する人の心を束にして、援助を必要としている人々に
 届けるところに大きな意味があります。

『聖書通読グループ』

 聖書の通読を、複数年かけておこないます。
<金曜日> 毎週12時15分~14時
<土曜日> 毎週19時~20時 *冬期(12月~2月)のみ、18時~19時
 どちらでもご都合の良い方に参加して頂いて構いません。
 (同じ予定表を使用いたします。)

『カトリック身体障がい者・病者・高齢者の信心会「子羊会」友の会』

 友の会は、本会員(身体障がい者・病者・高齢者)と手をとりあって活動するなかで、
 「人間の真の幸福とは何か」「幸せな社会とは何か」を考え、
 新しい社会作りに貢献することを目指して、出来る人が出来ることを出来る範囲で、
 隣人である「身体障がい者・病者・高齢者」のことを考え、祈り、
 本会の維持発展に貢献するものです。
  *会員として、障がいや病気をはじめ、すべての苦しみをキリストの十字架に
   あわせてささげるように努力するとともに、祈ります。
  *友の会活動のための寄付をつのり、事務局に送金し、本会の活動に貢献します。

『カナの会』

 本会は神の御心に叶う縁組を纏めるために、京都教区内の各教会からの委員が
 情報を交換し、相談室を開き、ご紹介に努めています。
 もちろん委員以外の方には情報は極秘とし、プライバシーは厳守いたします。



トップページにもどる